COMBIN関数 組み合わせ数を求める
0


このページでは、Microsoft Excel の COMBIN 関数の使い方について説明します。

概要

指定された複数の項目をグループ化するときに何通り作れるかを調べることができます。指定された個数を選択するときの組み合わせの数を返します。

書式

=COMBIN(総数, 抜き取り数)

引数 必須 説明
総数 対象となる項目の全体の数を指定します。
抜き取り数 抜き取る組み合わせ 一組に含まれる項目の数を指定します。

使用例

数式 説明 結果
=CONBMIN(8, 2) 8人の社員の中から、2 人 1 組のグループを作る場合の組み合わせの数を求めます。 28

備考

  • 引数に整数以外の値を指定すると小数点以下が切り捨てられます。
  • 数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。
  • 総数 < 0、抜き取り数 < 0、または総数 < 抜き取り数である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

13


一覧に戻る