FIND関数 文字列の位置を取得する
0


このページでは、Microsoft Excel の FIND関数の使い方について説明します。

概要

「検索文字列」が「対象」の中で最初から現れる位置を、先頭からの文字数で返します。

書式

=FIND(検索文字列, 対象, [開始位置])

引数 必須 説明
検索文字列 検索する文字列を指定します。
対象 検索の対象となる文字列を指定します。
開始位置 検索を開始する位置を先頭からの文字数で指定します。省略すると1が指定されます。

使用例

東京"都"が先頭から何文字目に位置するかを検索。

注意点

  • 半角文字(例. A)と全角文字(例. A)は区別されません。
  • 「検索文字列」に空白文字列「""」を指定すると、開始位置に指定した値が返されます。

87


一覧に戻る