GROWTH関数 指数回帰曲線を求め予測する
0


このページでは、Microsoft Excel の GROWTH関数の使い方について説明します。

概要

指定した既知のデータに対する指数回帰曲線を求め、新しいxに対するyの値を計算します。

書式

=GROWTH(既知のy [, 既知のx , 新しいx, 定数の扱い])

引数 必須 説明
既知のy データポイントのy座標の値をセル範囲または配列で指定します。
既知のx データポイントのx座標の値をセル範囲または配列で指定します。省略した場合は、既知のyと同じサイズの{1, 2, 3, ...}という配列が指定されたとみなされます。
新しいx 導いた指数回帰曲線を使ってyの値を予測したいxを指定します。セル範囲、配列を使って複数の値を指定することもできます。
定数の扱い 指数回帰曲線の定数bを計算するか1を設定するかを論理値で指定します。
TRUEまたは省略定数bを計算する
FALSE定数bを1とする

124


一覧に戻る