LARGE関数 配列の中の指定した順位の値を求める(降順)
0


このページでは、Microsoft Excel の LARGE関数の使い方について説明します。


概要

指定したセル範囲や配列に含まれる複数の値の中で、大きい方から数えて、指定した順位に該当する値を返します。


書式

=LARGE(配列, 順位)

引数 必須 説明
配列 検索対象のセル範囲や配列を指定します。
順位 値を求めたい順位を指定します。


備考

  • 文字列や空白等、数値として認識されないセルは無視されます。
  • 配列にデータが含まれない場合、または、0以下やデータの個数よりも大きい順位を指定した場合、#NUM!が返されます。
  • 小さい順に並べた時の値を取得するにはSMALL関数を利用します。

26

関連した記事
Excel関数
SMALL関数

配列の中の指定した順位の値を求める(昇順)


一覧に戻る