RIGHT関数 文字列の右端から指定文字数だけ取り出す
0


このページでは、Microsoft Excel の RIGHT関数の使い方について説明します。

概要

文字列の右端から指定した文字数の文字列を切り出します。

書式

=RIGHT(文字列, 文字数)

引数 必須 説明
文字列 一部を切り出したい文字列を指定します。
文字数 切り出したい文字数を指定します。省略した場合は1が指定されます。

使用例

郵便番号の下4桁を取り出す。

注意点

  • 半角文字も全角文字も1文字として数えられます。バイト数で取得範囲を指定したい場合はRIGHTB関数を使用します。
  • 指定文字数が文字列の長さを超えた場合、文字列全体が返されます。

46

関連した記事
Excel関数
LEFT関数

文字列の先頭から指定文字数だけ取り出す

Excel関数
MID関数

文字列の、指定した位置から指定した文字数分の部分文字列を切り出す。


一覧に戻る