SEARCH関数 文字列が最初に現れる位置を調べる
0


このページでは、Microsoft Excel の SEARCH 関数の使い方について説明します。

概要

指定した検索文字列を対象の中から検索し、その文字列が何文字目にあるかを返します。

書式

=SEARCH(検索文字列, 対象, [開始位置])

引数 必須 説明
検索文字列 検索する文字列を指定します。
対象 検索の対象となる文字列を指定します。
開始位置 対象文字列の何文字目から検索を行うか指定します。省略した場合、1が指定されたとみなされ、先頭の文字から検索が行われます。

備考

  • 検索文字列にワイルドカード文字を使用することができます。

    • 「*」(半角アスタリスク):任意の文字列
    • 「?」(半角の疑問符):任意の1文字
    • ※「*」や「?」をワイルドカード文字としてではなく、通常の文字として検索対象にしたい場合は、それらの前に「~」(半角のチルダ)を付けます。
  • SEARCH関数は大文字と小文字を区別しません。区別して検索する場合はFIND関数を利用します。

21

関連した記事
Excel関数
FIND関数

文字列の位置を取得する


一覧に戻る