VDB関数 倍額定率法で減価償却費を計算する(期間)
0


このページでは、Microsoft Excel の VDB 関数の使い方について説明します。

概要

指定した期間における減価償却費を倍数定率法で計算します。VDEはVariable Declining Balanceの略です。

書式

=VDB(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 開始期, 終了期 [, 率, 切り替え方法])

引数 必須 説明
取得価額 資産の取得価額を指定します。
残存価額 耐用年数が終了した時点での資産の価額を指定します。
耐用年数 資産の耐用年数を指定します。
開始期 計算の対象となる最初の期を指定します。
終了期 計算の対象となる最後の期を指定します。
償却率を指定します。省略すると2が指定されたものとみなされます。
定額法への切り替え有無 途中で定額法に切り替えるかどうかを真偽値で指定します。
TRUEすべての期で倍額定率法を使う。
FALSE定額法での減価償却費のほうが大きくなった場合に、それ以降の期に定額法に切り替える。

446


一覧に戻る