VLOOKUP関数 表から値を検索する
0


このページでは、Microsoft Excel の VLOOKUP関数の使い方について説明します。

概要

指定した「範囲」の一番左の列から「検索値」に一致する値を持つセルを検索し、見つかったセルと同じ行の指定した「列番号」のセルの値を取得します。

書式

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号 [, 検索の型])

引数 必須 説明
検索値 検索したい値を指定します。
範囲 検索対象のセル範囲を指定します。
列番号 値を取得する列の番号を、セル範囲の一番左の列を1列目として指定します。
検索条件 「検索値」に一致する値がないときに、「検索値」未満の最大値を検索するかどうかを指定します。
TRUEまたは省略検索する
FALSE検索しない

使用例

商品一覧表から各商品の価格を引っ張ってくる。



別のシート"商品一覧"にある範囲B2:C7

注意点

  • 「検索値」に完全に一致するセルを検索するケースが多いと思いますので、第四引数の検索条件には通常FALSEを設定すると覚えておくと良いでしょう。
  • 一致する値が複数ある場合は、一番上のセルがヒットします。

139


一覧に戻る