XOR関数 2つの条件の結果が異なる場合にTRUEを返す
1


このページでは、Microsoft Excel の XOR関数の使い方について説明します。


概要

指定した引数の排他的論理和を返します。

引数が2つの場合は、引数の真偽値が異なる場合、つまり、片方がTRUEでもう一方がFALSEの場合にTRUEを返します。

引数が3つ以上の場合に拡張すると、指定した論理式のうち、TRUEが奇数個ならTRUEを返し、偶数個ならばFALSEを返します。


書式

=XOR(論理式1, 論理式2, ..., 論理式254)

引数 必須 説明
論理式 TRUEまたはFALSEを返す論理式、または、真偽値が含まれるセル範囲を指定します。


備考

  • セル範囲を指定した場合、TRUEのセルの数が奇数であればTRUEが、偶数であればFALSEが返されます。空白や文字列のセルは無視されます。
  • 引数は最大254個指定することができます。
  • 数値を指定した場合、0以外はTRUE、0はFALSEとみなされます。

76

関連した記事
Excel関数
AND関数

すべての条件が満たされているときにTRUEを返す

Excel関数
OR関数

少なくとも一つの条件が満たされているときにTRUEを返す

Excel関数
NOT関数

真偽値を反転させる


一覧に戻る