ウォーターフォール図の作成 ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法
0


今回は、ウォーターフォール図の作成方法について説明します。


本記事の対象

  • 会社の上司などの経営判断のスピードを上げたいと思っている方。



目次


  1. ウォーターフォールとは?
  2. ウォーターフォールの作り方 ー 標準装備されている(2013年以降のバージョン)
    2a. 表を準備する
    2b. ウォーターフォール図を作成する
  3. ウォーターフォールの作り方 ー 標準装備されていない(2013年以前のバージョン)
    3a. 表を準備する
    3b. ウォーターフォール図を作成する



1. ウォーターフォールとは?



ウォーターフォール図とは、基準となる最初の値が、一連の正と負の値によって影響を受ける方法を理解するのに役立ちます。

例えば、企業に最新のソフトウェアを導入するケースを考える際に、その導入にかかる投資額が得られるリターンと比較して採算が取れるかを理解するのに役立ちます。経営判断のスピードも必然的に早くなります。

2013年前までのエクセルでは、このウォーターフォール図の作成機能が標準装備されておらず、ひと手間必要でしたが、最新版では非常に簡単になりました。

ここでは、標準装備されている・されていない両方のバージョンを解説します。




2. ウォーターフォールの作り方 ー 標準装備されている(2013年以降のバージョン)

2a. 表を準備する



ここで仮に下記のようなプロジェクトAと名付けた新規ソフトウェアを導入するべきか否かの評価をしなければいけないケースを考えます。

  • 導入前のランニングコスト = 5千万円(基準・スタート)
  • 新規ソフトウェア費用が追加 = 1千万円(増加)
  • ソフトウェア導入によって、削減される人件費 = 1千5百万円(減少)
  • ソフトウェア導入によって、削減される材料費 = 2千5百万円(減少)
  • 導入後のランニングコストが2千万円

2b. ウォーターフォール図を作成する



表を選択した状態で、ウォーターフォールを選びます。

スクリーンショット 2019-01-02 12.27.29.png


そうすると、下記のような状態となります。


スクリーンショット 2019-01-02 12.27.56.png


ここで、導入後ランニングコストも増加分と認識されてしまっているので、これを修正します。
導入後ランニングコストを2回クリックすると選択されます。


スクリーンショット 2019-01-02 12.28.06.png


選択されたことを確認した状態で右クリックをし、「合計として設定」を選択します。


スクリーンショット 2019-01-02 12.28.18.png

これで完成です。2013年以前のエクセルと比較すると非常に簡単にウォーターフォール図を作成することができるようになりました。



スクリーンショット 2019-01-02 12.28.41.png





3. ウォーターフォールの作り方 ー 標準装備されていない(2013年以前のバージョン)



2013年以降のバージョンでは、表の準備としては値の増減だけを書けばよく、また図の作成も選択するだけでよかったですが、2013年以前のバージョンではひと手間必要となります。一方で、これはこれでなかなか面白いものです。順を追って説明します。


3a. 表を準備する


データは2013年以降のバージョンと同じですが、表の構造が違います。
縦軸には、表の要素を分割して記入します。基準となるデータを元に、増加・減少分を加えていくことになります。

  • 基準
  • 増加
  • 減少


横軸には、増加・減少の要因となる項目を追加します。

  • 導入前ランニングコスト
  • 新規ソフトウェア費用
  • 削減効果a(人件費)
  • 削減効果b(材料費)
  • 導入後ランニングコスト


3行目には、それぞれ数式を入れます。基準に増加分を加えると、ウォーターフォール図が上にその分上がります(積み上げ)。減少を表す場合は、ウォーターフォールの図としては、下に図が下がらなければなりませんので、基準から引き算します。

  • N3 = M3+M4-N5
  • O3 = N3+N4-O5
  • P3 = O3+O4-P5
  • Q3 = P3


DBEAE2A5-A0BF-4AB6-BF3D-A71A6C495FAA.jpeg

3b. ウォーターフォール図を作成する



ウォーターフォールはないので、積み上げ縦棒を選択します。

FA74E1B6-1328-4C55-829A-727769DE1CD7.png


そうすると次のような図が表示されます。

BD3AD2FC-5522-497E-929B-E29AA20A2A1B.png


このままでは、ウォーターフォール図には見えませんので、少し表の見せ方を変えます。図を選択し、右クリックで「データの選択」をクリックします。


F3B0F583-0F93-44F4-86B9-EEDECABEB065.png



「行/列の切り替え」を選択します。

98B99CC1-F498-4E57-A0B7-73BEDE29E010.png




「凡例項目(系列)」を適宜変更します。このケースでは、

  • 「系列1」を「基準値・合計値」、
  • 「系列2」を「増加」、
  • 「系列3」を「減少」、







OKをクリックすると、ウォーターフォールに近い表に変わりました。ただもう少し修正が必要です。

0F2DA03C-BD2C-4C21-8289-78B0371288AA.png




増加・減少分のみを表示させるために、基準となる部分のみを選択し、「塗りつぶしなし」に変更します。そうすると、増加・減少部分のみが残り、ウォーターフォール図になりました!


08A6C0CE-E52A-4F58-A8EC-39920F5E9801.png




あとは、希望の色や他の細かい書式設定を行ってあげれば完成です。


F944DCA9-7223-4B97-BDCD-B749A950E482.png

2090


一覧に戻る